スペースラボ in 仙台市天文台

平成29年度(2017)「スペースラボ in 仙台市天文台」開催のご案内 【公益財団法人 天文学振興財団「普及・啓発支援事業」支援活動】 (全5回のうち第1回, 第2回, 第3回, 第5回の申込受付を終了しました)

ポスター(PDF)

参加要項 ・申込書(PDF)

参加要項 ・申込書(Word)

 

spacelab_h29_ph00

宮城教育大学の教員・学生が、
仙台市天文台で実験教室を行います。
みなさんの参加をお待ちしています!

 

第1回【宇宙の中の生命―私たち脊椎動物はどこからきたんだろう?】→ 申込受付を終了しました

宇宙の中の、太陽系の中の、この地球で、生命の誕生から私たち人類の誕生まで、生物はどのように進化してきたのでしょう。様々な透明骨格標本を観察して、わたしたち脊椎動物の進化について学び、生命の存在する惑星の意味を考えてみましょう。
日時:2017年8月6日(日) 13:30〜16:00
申込締切日:2017年7月21日(金)
対象:小学生(高学年)・中学生

 

第2回【天動説 vs. 地動説】→ 申込受付を終了しました

むかしの人はきらきら瞬き流れる星空を見て思った,止まっている自分たちを中心に周りの星が描く世界を。でも,星をよくよく見ているとおかしな動き方をしている星があることに気がついた。惑(まど)う星,惑星です。今回は,惑星の動きがどのように説明されてきたか,歴史をおって考えてみましょう。
日時:2017年10月1日(日)13:30〜16:00
申込締切日:2017年9月8日(金)
対象:小学生(高学年)・中学生

 

第3回【星はどうしてきらきらするの?】→ 申込受付を終了しました

♪きらきらひかる おそらのほしよ♪ではじまる童謡「きらきら星」,みなさんも聞いたことがあると思います。さて,どうして星はきらきらしているのでしょうか?光が当たった水面がきらきらするのと同じでしょうか?違うのでしょうか?今年の不思議テーマであるきらきらを考えましょう。
日時:2017年11月11日(日) 13:30〜16:00
申込締切日:2017年10月20日(金)
対象:小学生・中学生

 

第4回【星のようなきらきら結晶】

結晶とは、どのようなものでしょうか?台所にある食塩や砂糖は、顕微鏡で見ると規則正しい形で、星のようにきらきらしていることがわかります。これを結晶といいます。身のまわりにあるきらきら結晶を使って、星や結晶がきらきらする謎に迫ってみましょう。
日時:2017年12月2日(土) 13:30〜16:00
申込締切日:2017年11月10日(金)
対象:小学生(高学年)・中学生

 

第5回【きらきら☆植物たんけん教室】→ 申込受付を終了しました

夜空に星がかがやく様に、私たちの身のまわりには、きらきらな形の植物、きらきらな匂いの植物、きらきらな音のする植物たちが、きらきら生きています。集まったお友達と一緒に、光学顕微鏡の世界を、キラキラたんけんしてみましょう!☆
日時:2017年12月3日(日) 13:30〜16:00
申込締切日:2017年11月10日(金)
対象:小学生(高学年)